デザイン住宅などで住宅GET【オリジナルハウスで快適ライフ】

建築家に頼る

設計料の相場を知る

不動産

家を建てる時、ハウスメーカーで建てる方法と、建築家に設計を依頼して建てる方法があります。設計事務所に依頼する場合、施工はその設計事務所と縁のある工務店が行う場合が多いです。設計事務所で家を建てるメリットは、間取りやデザインを自由に設計する事が出来る為、住みやすい家を建てやすいです。 東京は設計事務所も多く、建築家が大変多いです。東京における建築設計料の相場は、総建築費の10%程度の場合が多いです。しかし、一般住宅では、公共の建物などと異なり、総額が低い場合もある為、最低200万円等という基準が決まっている事もあります。 一般的には、この価格で、建築家が施工管理も受け持ってくれる事が多いです。しかし、設計だけの場合には、設計料50万円程度という場合もあります。それぞれの設計事務所によって、規定が異なりますので、設計依頼をする前に確認すると良いです。

建築家に伝えることの大切さ

建築家の多くは、デザインにも拘りつつ、機能性をしっかりと持たせた設計を行う方が多いです。不特定多数の人が、それなりに暮らせる住宅を建てるのではなく、そこに暮らす人に合った家を計画します。つまり、クライアントの趣味や生活習慣などを考慮に入れて、設計を行っていきます。これは、東京の設計事務所であっても、地方であっても変わりません。 ですから、自分自身の仕事や趣味をしっかりと伝える事が大切です。現在住んでいる家で困っている事などを伝えるのも良いです。そんな他愛もない話から、建築家はその人がどんな人で、どんな生活を送っているかを探っています。 そして、予算をしっかりと伝える事も大切です。建築家は、同じ坪数の家であっても、1億を越える建物から1300万円くらいの建物まで、幅広い価格帯の設計が可能です。ですから、しっかりと予算を伝えることで、それに見合った設計をしてもらいましょう。特に東京近辺では、土地の価格が高いですから、総予算から土地の価格を引いた金額を伝えるようにして、認識違いのトラブルを防ぐようにすると良いです。